シリコンバレーシーズン2第1話 あらすじ・見どころ・英会話フレーズも!

海外ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

S2E1 : Sand Hill Shuffle(サンドヒルシャッフル)

この回の見どころ

後ろ盾を失ったパイドパイパー。
シリーズAの投資家選びに奔走するもギャビンが訴訟を起こして大荒れの予感!?

この回に出てくる使えそうな英会話シーン

・クビになってしまったとき
・リストアップを頼みたいとき
・水をあけられるといいたいとき

シーズン2第1話のあらすじ&見どころ解説

 

海外ドラマ「シリコンバレー」は実際のシリコンバレーで働く人が「97%は正確な描写」と言い切るほどリアリティ溢れる作品です。
ということであらすじとともに各回にちりばめられているリアルな描写をかいつまんでご紹介したいと思います。

 

あらすじ

 

テックランチでの大勝利の後、パイドパイパーはシリコンバレー中の投資家の注目の的になっていた。
そこへ以前リチャードが参加したパーティーの主催者、グーリービブ社のCEO・ジャヴィードが声をかけてくる。
彼はあの後ダウンラウンドを嫌気した投資家たちからCEOの座を下ろされており、シリーズAを目前に控えたリチャードにも気を付けるよう忠告する。

 

そんな中ピーター・グレゴリーの突然の訃報が飛び込む。
今後の処遇は任せろというモニカに対し、待っている場合ではないとアーリックは投資家探しに行動を移すことに。
強気の交渉が会社の価値を上げると見抜いたアーリックは強気すぎる交渉を展開する。

 

そこへモニカがピーターグレゴリーの後任のローリーを連れてきた。
ローリーが提示したのは評価額1億ドル、投資額2000万ドルという破格のオファー。
舞い上がる一同だが、モニカはこの条件を飲んではいけないと内密に忠告しに来る。
身の丈に合わない投資はダウンラウンドを招き会社の首を絞めてしまう。
ジャヴィードの状況を思い出したリチャードは、グレゴリーの葬儀で再会したローリーに対し会社の等身大の評価額での契約を提案し、ローリーもそれを承諾する。
安堵したのもつかの間、葬儀のさなか弁護士ラフラムから「フーリーがパイドパイパーに対し訴訟を起こした」という連絡が入るのだった。

 

見どころ解説

 

今回のタイトルはSand Hill Shuffle.
これはSand Hill roadという地名からきています。
この通りは通称「Sand Hill」と呼ばれ、ベンチャーキャピタルが軒を連ねることで有名で、アメリカではウォールストリートなどに並ぶ象徴的な場所として知られているようです。
今回は強力な後ろ盾であるピーターを失ったパイドパイパーが投資家探しにサンドヒルを奔走します。

 

今回の象徴的なキーワードとしては「シリーズA」「ダウンラウンド」の2点。
実はシーズン1の5話にも似たような話題が出ています。
前回はシードラウンド(主に起業に伴う小規模な投資)からシリーズAに移るまでに起こるリスクでしたが、今回はシリーズAからシリーズBに移るまでのリスクについて語られています。

 

シリーズAとは?

ベンチャー企業は投資家からの投資を募って会社を興しますが、企業の成長段階に応じて都度追加投資の評価が行われます。
いちばん最初がシードラウンド、そしてシリーズA,B,Cと続いていきます。
ピーターグレゴリーが投資してくれた最初の20万ドルはシードですね、リチャード達にはこれからシリーズAの交渉が待っています。
この第1話で問題になっているのはシリーズAの投資を誰に頼むか、ということでした。

 

ダウンラウンドとは?

ベンチャー企業は会社の評価額に応じた額の投資を投資家やVC(ベンチャーキャピタル)から受けます。
ですが、追加の投資を受けるためには次のシリーズまでに会社を成長させ、株価を上昇させる必要があります。
この際、前回投資を受けたラウンドよりも低い株価で評価されてしまうことをダウンラウンドといいます。

投資家は損失を被ることになるのでこれを嫌うわけですが、投資家には所有株式に応じて会社への口出しができるためCEOを追い出すというようなことが起こるようです。
それがグーリービブ社に起こってしまったことですね。
現実でも「いくら調達すべきか」というのはスタートアップ企業における課題の一つのようです。
自分たちの会社の実力を見極めて無理せず身の丈に合った投資を募っていくことが、会社を軌道に乗せるための第一歩なのですね。

 

第一話の気になる英語フレーズをピックアップ!

 

話の肝になったり、訳出されていなかったり、はたまた普通に使えそうかも!?な地味なフレーズまで!
主に「一般的な直訳ではちょっとピンとこない」そんなフレーズを回のテーマに即してピックアップしていきたいと思います。

 

クビになっちゃった…といいたいとき

They canned me.

 

リチャードに忠告しに来たジャヴィードのセリフから。
できれば使いたくないフレーズですが…汗
canはdismiss「解散、解任、追放する」fire「首にする」などと同じように使われます。
会社をクビになったという場合だけではなく、何かしらの仕事や立場を追われた時にも使えそうです。

 

できるかぎりリストアップしてと伝えたい

Line them up nuts to butts.

 

これは投資家をリストアップするようジャレットに電話をかけるアーリックのセリフから。
ここでのthemは投資家のこと。
『Line them up』で投資家をリストアップするということを指します。

 

ここで押さえておきたいのリストアップは和製英語ということです!!
ラインナップというとすでに出来上がった名簿のようなイメージを持ってしまいますが、リストを作る際も「line up」が使われるので注意が必要です
リストアップでも通じるかもしれませんが、かっこよく『line up』使いたいですね(*’▽’)

 

そして『nuts to butts』。
これは、、、半分下ネタ要素を含むスラングで特に男性向き。
『ぎっしり詰める』といったニュアンスの意味になります。
おしりにナッツを詰めるっていうことですね。爆
これは流れで取り上げましたがエロい意味や変態臭いニュアンスがあるので異性の前では言わないのが吉です。
ほんとにシーズン2も息を吐くように下ネタだらけです…w

 

水をあけられるといいたい

Hendricks just left us all in the dust!

 

打倒パイドパイパーに闘志を燃やすギャビンのセリフから。
「left someone in the dust」で「負ける」「取り残される」「水をあけられる」といったような意味になります
「水をあける」という訳だと、dustと水でちょっとぴんと来ないかもしれませんが、「取り残される」「置いていかれる」というイメージで覚えておくといいのかなと思います。

 

シリコンバレーの英語をスクリプトでもっと知りたい!

 

海外ドラマは英語学習に効果的ですが、読みも書きも強化したい!というときにはスクリプトがほしいですよね。
ダウンロード形式のスクリプトは多く存在しますが、ウェブで簡単に閲覧できるサイトをご紹介します。
それが「Springfield!Springfield!」というやたらに黄色いサイト。
シリコンバレー以外にも数多くの海外ドラマのスクリプトを取り扱っています。
ここから直接リンクを張るのは避けますが、「siliconvalley script」と検索すると出てきます。
やや読みにくいですが、逆に読みにくさがしっかりセリフをたどることに繋がってくれるかも。笑

 

シリコンバレーはどこで見れる?

 

シリコンバレーはAmazonプライムビデオで独占配信されています。
プライム会員なら全シーズン追加料金なしで見ることができます♪
実際のフレーズの使われ方などの書き起こせない雰囲気や、面白いシーンもたくさんあるのでぜひ見てみてくださいね(*^^*)
プライムは初月無料なので、まだ試されていない方はこの機会にぜひ♪

 

Amazonプライムビデオでシリコンバレーをチェック!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました