【海外動画】91歳のおばあちゃんにポケモンの名前を想像してもらったら…

おもしろ動画
スポンサーリンク

こんにちは、うめです。

 

みなさん煮詰まってませんか?
うめは絶賛煮詰まってます!にっちもさっちもいかない😂
そんなときそっと楽しい動画を提供してくれるのがYouTubeおすすめ…
その中でも「一人で爆笑して検索かけたけど同士が見つからなくって寂しかった海外の動画」をシェアしていこうかなと…😂(←この絵文字便利ね)
そうこうしてるうちに煮詰まりが解消されるといいな(遠い目)

 

スポンサーリンク

ポケモン初代御三家の名前をおばあちゃんに聞いてみた!

 

2017年に公開されたOur Epic Lifeというチャンネルの動画です。
主にアメリカ人女性のAllarayさんと娘のRooちゃんの日常をシェアしているチャンネルなのですが、この動画の主人公はAllarayさんのおばあちゃん!
お上品で穏やかでとってもかわいいおばあちゃんです♡
そんなおばあちゃんに初代御三家のイラストを見せてお名前クイズ(?)をしています。

 

「ハミルトンって呼ぶわ」

 

サムネがもう出オチなんですけど😂
おばあちゃんはもちろん、名前どころかポケモンのことすら知りません(笑)
その状態で出てきた答えがどれもかわいいのですが、ヒトカゲ(チャラマンダー)を見た時の反応がとってもかわいい!
出てきた答えがなんとハミルトン
確かになんとなくハミルトンっぽい(優等生っぽい感じがなのかな?ww)
これ以降ヒトカゲ見るたびにハミルトンにしか見えなくなってしまいました😂
また、ポケモンでバトルすると聞いて「こんな美しい生き物を戦わせるなんてダメよ!」と言うなど、おばあちゃんのピュアな感想がとってもかわいいんです♡

 

動画対訳


おばあちゃん=gm

Allarayさん=al

フシギダネ~フシギバナ

gm: You want me to name an animal like that? Are you crazy? A nut.
(この生き物に名前をつけろですって?何考えてるのホント、馬鹿ね)
al: What do you think it’s name?
(どんな名前だと思う?)
gm: I don’t know, a strawberry? I don’t know. you tell me.
(わからないわ、”いちご”かしら? わからないわ。教えてちょうだい)
al: Bulbasaur.
(バルバソー/bʌlbəˌsɔːr/(フシギダネ))
gm: Huh?
(え?)
al: Bulbasaur.
(バルバソーよ)
gm: Hahahaha. Boulda-thor.
((笑)。ボルダソー(聞き間違い)ですって)
(Thorは北欧神話の神様だとおもうんですが、Bouldaがわかりませんwとりあえず聞き間違いしたおばあちゃん)

‐フシギソウ登場‐

gm: I don’t know any of them. There’s a piece of leaf on it.
(こんなの見たことないわ。葉っぱが生えてるわね・・・)
al : Ivysaur.
(アイビーソー(フシギソウ))
gm: I…Ivysaur. What are you going to do with Ivysaur?
(アイ・・・(呆)アイビーソーですって。アイビーソーで何をするの?)
al: battle people!
(人とバトルするの!(戦わせるの!))
gm: -shock- You can’t battle people! That’s a beautiful animal!
((衝撃) 戦わせるなんてダメよ!こんなに美しい生き物に!)(おばあちゃん(;ω;))
al: But that’s how it goes in the game. You catch them and then you make them battle each other!
(でもそういうゲームなのよ。この子たちをつかまえて、他のポケモンとバトルさせるの。)
gm: Ohhhh…That’s mean.
(そうなの…ひどいわね)

‐フシギバナ登場‐

gm: What is your name? Ohhh! Yeah. A-…Ribbon. That’s your name.
(あなたの名前は何かしら?ああ!わかったわ!・・・リボンね。それがあなたの名前よ。)(😂)
al: Close enough, It’s Venusaur.
(おしい!ヴィーナソー(フシギバナ)だよ)
gm: A what?
(なんですって?)
al: It’s Venusaur.
(ヴィーナソー)
gm: Where the hell..!
(どっからそんな…(Hellと言って思わず口を抑えるおばあちゃん…w))

ヒトカゲ~リザードン

ハミルトン登場


gm: Oh I like that. I..I’ll call him Hamilton.

(かわいいわね…ハミルトンって呼ぶわ)
al: (Hysterical laughing)
(爆笑)
gm: What’s so funny about it? He’s Hamilton!
(何がそんなにおかしいの?彼はハミルトンよ!)
al: His name is Charmander, Grandma.
(彼の名前はチャーマンダー(ヒトカゲ)よおばあちゃん)
gm:Huh?
(なんですって?)
al: His name is Charmander.
(チャーマンダー)
gm: Well, I call him…What did I just call him? Ham…
(そう、でも私は…私なんて呼んでたかしら?ハム…)
al: Hamilton.
(ハミルトンってw)
gm: Hamilton. He’s very important.
(ハミルトンね。彼はとっても大事だわ。)

‐リザード登場‐

gm: Oh…He, He’s having a little trouble with his tail. Yeah, he’s burnin’ up.
(彼は…彼はしっぽが大変なことになってるわね…燃えてるわ)
gm: Mousey.
(ネズミちゃんね)
al: Ok, that’s close enough. His name is Charmeleon.
(Ok, おしいわね、彼の名前はチャーミリオン(リザード)よ)
gm: Char…Charmeleon. You’re…you are ridiculous. Chur-meee-leon.
(チャ・・チャーミリオンですって。馬鹿ねえホント。チャーミリオン!)
gm: You may as well have called him… um…I don’t know. Journaled or something. A newspaper.
(それならこんな風に呼んだりもできるんじゃない、あーなんていうの、ジャーナルドとかそんな風に。新聞のことよ)
(チャーミリオンはカメレオンとからきてるんでしょうか…名前をもじっている感じがバカバカしいのかも知れませんねw)

-リザードン登場-

gm: (sigh) A blue-eyed jerk. But you can’t say jerk.
(青目野郎。でも野郎なんて言っちゃだめね。)
gm: boy, that’s a neat animal. Did you draw that?
(まあ、でもかっこいい生き物ね。あなたが描いたの?)
al: No.
(ちがうわ)
gm: Yeah…It’s unusual.
(そう、めずらしいわ)
al: Charizard.
(チャリザード(リザードン))
gm: (sigh)
(呆)

ゼニガメ~カメックス

‐ゼニガメ登場‐


gm: Alright, tumbleweed.

(オーライ、タンブルウィード)

‐laugh‐
al: His name is Squirtle.
(彼はスクワートル(ゼニガメ)よ)
gm: What?
(何?)
al: Squirtle.
(スクワートル)
gm: Squirtle…What is he gonna squirt?
(スクワートル…彼は何を噴き出す(スクワートする)の?)
al: Water!
(水よ!)
gm: -laugh-
al: See, he’s like a squirting turtle. Squirtle.
(わかる?水噴きガメって感じ)
gm: Yeah…Well, I’m not gonna do that.
(なるほどね・・・でも私はそう呼ばないわ)

‐カメール登場‐

gm: Oh that’s the same one except he’s got a big tail back there or somithing.
What’s your name?
(あら、同じじゃない?しっぽみたいなのが大きいこと以外は同じね)
(あなたの名前は何かしら?)
al: Wartortle.
(ワータートル(カメール))
gm: Poor-turtle?
(残念なカメ(プアタートル)ですって?)
al: Wartotle.
gm: Worthur…(sigh).
(ワーサ…(溜息))

 

‐カメックス登場‐

gm: pieces. Yeah it’s Pieces, he’s…he’s lucky his pieces are attached to him.
Two pair of arms. You don’t see that?
(腕が…そうよ腕よ、彼はラッキーね、腕がくっついてるわ)
(腕が2組もあるわよ、わからない?)
(piecesを腕って訳していいかどうか…いい訳が思いつきませんでした。汗)
al: They’re cannons.
(あれは大砲なの)
gm: hahaha
al: They blast water.
(あれで水を発射するのよ)
gm: back water? That’s not black water.
(黒い水?黒い水じゃないでしょ。)
al: No no, they BLAST water. His cannon blast water.
(違う違う、水を発射するの。彼の大砲は水を発射するのよ。)
gm: OK.
(わかったわ)
al: Do you know what he is?
(彼の名前分かる?)
gm: No.
(いいえ)
al: He’s a Blastoise!
(ブラストイズ(カメックス)っていうのよ!)
gm: That’s not a black toy, it’s blue and white.
(黒いおもちゃじゃないでしょ。青と白じゃない。)
al: No no, BLAST-toise. Blastoise.
(そうじゃないのよ、ブラスト‐トイズ、ブラストイズ)
gm: Well, you have your way, I’ll have my way.
(まあ、あなたにはあなたの呼び方があるかもしれないけど私は私流で行くわ。)
I’m not calling that thing black.
(私はこの子のこと黒いなんて言えない)←まだblackだと思ってる。(笑)

‐終了‐

al: Do you wanna stop here?
(もう終わる?)
gm: Yeah.
(そうね。)
al: Ok we’re good. Thank you Grandma.
(じゃあおわり。おばあちゃんありがとう)

 

まとめ・おばあちゃんはかわいい!

いやあ~小さいころこういうのやったなあって思いだしました。笑
おじいちゃんおばあちゃん呆れながら付き合ってくれるんですよね(*^^*)
そして思いもよらない答えが返ってくるから面白いんですよねえ。
はじめてハミルトンを聞いた時は涙出るほど笑いました…w
みなさんヒトカゲにはハミルトンって付けましょうw

しかし、ポケモンが何かわからないおばあちゃんから見た「捕まえて戦わせるなんてひどい」っていうのは目からうろこと同時に純粋で素敵。
このゲームで育ったから当たり前に見てたけど、よく考えたら確かにひどいかもしれない…( ´艸`;)

ちなみにうめは初代ポケモン世代です。
スターターはダントツ不人気のフシギダネ!
ヒトカゲ可愛かったけど可愛さ&進化後のかっこよさが完成されすぎててなんだかな…フシギダネでいいや可愛いし、耳あるしと選んだわけですがあんなに不人気だとは思いませんでした。爆
でもフシギダネは今もぬいぐるみほしいぐらい好きです( ´艸`)笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました