感情を伝える英語を学べる海外ドラマ3選+1

海外ドラマ
スポンサーリンク

恋愛・友情・家族関係は人間関係の基礎であり人生のスパイス!
ベーシックな会話は大体ここに凝縮されると思います。
外国語を学ぶ上で彼氏/彼女を作るといいといわれるのは
「こんな時なんて言うんだっけ?」
と思った時すぐに確認できるからと言うのもあると思いますが、何よりもベーシックな会話だからではないでしょうか。
海外ドラマでそんな状況を疑似体験してみましょう♪

スポンサーリンク

友達・恋人・家族に思いを伝える英会話が聞ける海外ドラマとは

 

私の作品選定の基準は 「会話が多い、一定数シリーズ化されている」ものが基本です。
新旧はごちゃまぜなのであしからず。
また、見る時は「一切の字幕を消してリラックスしながら集中してみること」。
目安は1日3時間から5時間ですが、1時間でも毎日見続けることが重要です。

 

恋愛・友情・家族愛の英会話を学べる海外ドラマ3選+1

 

今回は恋愛・友情・家族それぞれから1作品ずつおすすめをピックアップしてみました。
+1となっているのは家族ものとして選んだものが少々いわく付きなのでその代替案です(汗)
でもすべて面白い作品なので問題がなければ全部見てほしいものばかりです!

 

FRIENDS

概要
NYの男女6人友情物語。大人になりきれない6人の友情をメインに、20代を取り巻く恋愛・ キャリア・家族関係などを描いた往年の傑作ご長寿コメディ。

おすすめポイント
しつこすぎてすみません(爆)20年前の作品なのでスラングや時事的な問題など決して旬とは言えませんが、いつの時代も本質的に変わらない「気の置けない友人関係」「恋愛」「家族愛(兄弟)」がベースになっているため今にも十分通じる「英語圏の空気感」を味わうことができます。

取り扱いサービスリスト
Netflix/ hulu/ TSUTAYA DISCAS

グレイズアナトミー

概要
「放送時間帯は街から人が消える」とも言わしめたご長寿医療ドラマ。
このテーマで医療ドラマ?と思われるかもしれませんが、この作品は医療ドラマと言うよりは、友情・恋愛色が非常に濃い作品になっています。

おすすめポイント
何と言っても「感情表現が豊か」なこと!
グレアナには様々なバックグラウンドを持つ個性豊かで癖の強いキャラクターが登場します。
喜怒哀楽って最もベーシックな感情ですが、実際の状況に出くわすと意外と出てこないのです。 そのバリエーションをこのドラマで稼ぐことができると思います。シーズン数が多いため重箱の隅をつつくような表現もたくさん出てきます。ややこしい恋愛ドラマということさえクリアしてしまえば表現の宝庫と言っても過言じゃない作品です。
取り扱いサービスリスト
Amazon Prime Video/ hulu/ Netflix/ dTV/ TSUTAYA DISCAS

THIS IS US-36歳、これから-

概要
36歳の誕生日から始まる3つ子の兄妹の物語。まさに人生悲喜こもごも、三者三様の問題を抱え泣いたり笑ったり時にぶつかり合いながらも支えあう家族愛や友情を描いた物語です。

おすすめポイント
純日本人が家族と英語で会話…ということはあまりないかもしれませんが、家族は人間関係の基盤。ここから発せられる会話も十分役に立ちます。
少々年齢層が高い作品ですが、キラキラと華美な作品が苦手な方にもお勧めできる落ち着いた作品です。

注・シーズン1の序盤でナガサキを揶揄する表現が見受けられます…「たまにいるこういうことをいう最低な人」とある程度受け流せればいいですが引っかからない日本人はいないと思うのでご注意ください…。
どうしても受け入れられないという場合は以下のグッドワイフをご覧ください。

取り扱いサービスリスト
Amazon Prime Video/U-NEXT/ dTV/ TSUTAYA DISCAS

+1

The Good Wife

概要
州検事の妻として家庭に徹していた元弁護士の専業主婦が夫の裏切りから再び法廷の世界へ。
妻として、母親として、弁護士として3つの世界で奮闘する女性を描いた異色のリーガルドラマ。

おすすめポイント
女性はとても好きな作品ではないかと思います。
主人公のアリシアが元々エリートという点で少々なじみのない設定ですが、一方で彼女の直面する問題は昨今の女性の多くが直面するテーマでもあると思います。基本的にクールに役割をこなすアリシアですが、その心の底には家庭のために自分を犠牲にしてきたからこその自分らしく生きることへの渇望も含まれています。姑との会話が出てくるというのも他になくて◎

取り扱いサービスリスト
U-NEXT/ TSUTAYA DISCAS

コメント

タイトルとURLをコピーしました