The Japan News 翻訳テスト投稿記➄(2020年4月17日号)

JN投稿記
スポンサーリンク

読売新聞が発行する英字新聞「The Japan News」誌上で毎週金曜日に開催される翻訳コンテストに、2020年2月からチャレンジしています。
ここでは自分が投稿した文章にネイティブが添削してくれた修正をわかるように色付けして、成長の記録として残していこうと思っています😊

スポンサーリンク

翻訳チャレンジ全文

翻訳元記事

鉛筆画の木下晋さん(72)が初の自伝『いのちを刻む』を刊行した。過酷な人生を送った人々の姿を描いてきたが、「節目で必然の出会いがあり、すべての人が私の先生。感謝したい」と語る。
木下さん自身も「極貧家庭」に育ち、弟、父を亡くし、母と兄は家出し、家も火事で焼けた。自伝にも「心の闇の深みまで降りていこうという習性が、おのずと身についてしまった」と記す。画業の中では、瞽女(ごぜ)の小林ハルさん、元ハンセン病患者の詩人桜井哲夫さんらを描き、代表作となった。心の内面に迫りたいとの思いから、22段階の固さの鉛筆でリアルな像を描く画風に行きついた。本書には、デビュー作から近作までの画も掲載する。

(引用元:読売新聞東京本社4月9日付朝刊23面/The Japan News 2020年4月17日号15面)

投稿した翻訳文章

72 years old pencil drawing artist Susumu Kinoshita published his first autobiography “Inochi Wo Kizamu (Etch Life)”. He has drawn people who spend oppressive life, says “I had inevitable meetings at milestones, and all of them are my teachers. I appreciate them”.
He himself has grown in “extreme poor family” too. He lost younger brother and father, his mother and older brother run away from home, and the home was burned in a fire. He wrote in the book that “I have a habit of going deep down to the darkness of my mind, which has formed spontaneously”. In his career, he drew a Goze woman (blind woman entertainer) Haru Kobayashi, and a poet Tetsuo Sakurai who was a former Hansen’s disease patient, and those came to be his representative works. Wanting to come near to inside of heart, he settled on a style of drawing realistic image in pencil with 22 levels of hardness. The book also includes drawings from his debut to recent work.

添削してもらった文章

:訳脱や表現ミス等
:句読点等の打ち間違いや欠落等(前後1語ずつを含み表します)

72 year old pencil drawing artist Susumu Kinoshita published his first autobiography “Inochi Wo Kizamu (Etch Life)”. He has drawn people who lived oppressed life, saying: “I had inevitable meetings at milestones, and all of them are my teachers. I appreciate them”.
He himself also grew up in an “extremely poor family” too. He lost his younger brother and father, his mother and older brother run away from home, and the home was burned in a fire. He wrote in the book that,  “I have a habit of going deep down to the darkness of my mind, which has formed spontaneously”. In his career, he drew a Goze woman (blind woman entertainer), Haru Kobayashi, and a poet, Tetsuo Sakurai, who was a former Hansen’s disease patient; and those came to be his representative works. Wanting to appeal to the heart, he settled on a style of drawing realistic image in pencil with 22 levels of hardness. The book also includes drawings from his debut, through to recent work.

感想

いやあ今回はまた間違いが多いなあ…!涙
恥ずかしい話ですが毎回「やりきったぜ!どうだ!」って思ってるんで、こうして訂正してもらって見ると「なんなんだお前は…」となります…_(:3 」∠)_
さて、書き終えてすぐの感想は

 

  • 抽象的な表現が難しい
  • できるかぎり関係詞を使わないように気を付けたが…
  • 時制混乱する・・・・!!!!

 

といったものでしたが、本当に初歩的なところでミスってますね…yearとかalsoとか…。
あとspendを使ってしまったのがくやしいです。
人生を送った=人生を生きたでよかったのにここでliveが出てこなかったっていうのが…。

時制に関しては、木下さんの半生について書かれた部分で特に悩みましたが、言われてみれば今も極貧家庭で育っているわけではないのに完了形は変ですよね。うーん。
「経験したこと」を表せるというイメージで引っかかっているのかもしれません。。

直してもらって思ったのは「こんなにコンマやらセミコロンやら使うんだ…!?」っていうことです。これは正直毎回思います。苦笑
あんまりコンマ使わないほうがいい&関係詞使い過ぎちゃう問題があるようです。

とりあえず現時点では時制の復習関係詞を使わないコンパクトな表現を学ぶことが課題ですね。
句読点も…。苦笑

翌週の訳例

訳例全文

(引用)

感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました