The Japan News 翻訳テスト投稿記⑥(20年5月1日号)

JN投稿記
スポンサーリンク

 

読売新聞が発行する英字新聞「The Japan News」誌上で毎週金曜日に開催される翻訳コンテストに、2020年2月からチャレンジしています。
ここでは自分が投稿した文章にネイティブが添削してくれた修正をわかるように色付けして、成長の記録として残していこうと思っています😊
前回号を飛ばしてしまったので1週間ぶりの投稿でした。

スポンサーリンク

翻訳チャレンジ全文

翻訳元記事

革のパンプスなど靴は消耗品と考えている人は多いのでは。だが、丁寧に手入れをすれば、お気に入りの一足を長持ちさせることもできる。
まず、柔らかな馬毛のブラシを靴全体にかけホコリを払う。表面がスッキリしたら、片足につき米2粒分ほどの靴クリームを布に取り、手早く塗り広げる。その後、ハリやコシのある豚毛のブラシをかける。使い込んだブラシを用いると、この作業だけでツヤが出せる。仕上げに、靴の表面を布で磨いてピカピカに。除菌や消臭のスプレーをかけ、靴の形を整えるシューキーパーと乾燥材を靴の中に入れて終了。
雨の日は、出かける30分前までに、防水スプレーを噴霧する。急な雨で靴が濡れてしまったら、しばらく陰干ししてから乾燥材を入れて靴を休めよう。

(引用元:読売新聞東京本社4月24日付朝刊12面/The Japan News 2020年5月1日号)

投稿した翻訳文章

Many people probably think of shoes, such as leather pumps, as a consumable item. But if you take care of them carefully, you can keep your favorite ones in a good condition for a long time.
First, brush entire surface of a shoe with a soft horsehair brush to remove the dust. After the surface is cleared, put shoe cream with the amount of two grains of rice on the one foot and spread it quickly. Then, brush with supple and stiff pig bristles. If you use well-worn brush, you can get a shine only doing this. To finish, polish the surface of the shoe with cloth to make it shiny. Finally, spraying sanitize and deodorant spray, putting shoe-keepers for keeping it in a good shape and drying agents in the shoes.
If it’s raining, spray waterproof spray 30 minutes before you go out. If your shoes get wet in a sudden rain, dry them in a shade for a while and put drying agents inside the shoes and get them rest.

添削してもらった文章

:訳脱や表現ミス等
:句読点等の打ち間違いや欠落等(前後1語ずつを含み表します)

Many people probably think of shoes, such as leather pumps, as a consumable item. But if you take care of them carefully, you can keep your favorite ones in a good condition for a long time.
First, brush entire surface of a shoe with a soft horsehair brush to remove the dust. After the surface is cleared, put shoe cream, about the size of two grains of rice, on the one foot and spread it quickly. Then, brush with supple and stiff pig bristles. If you use well-worn brush, you can get a shine only doing this. To finish, polish the surface of the shoe with a cloth to make it shiny. Finally, spray sanitize and deodorant spray. Then, put shoe-keepers for keeping it in a good shape and drying agents in the shoes.
If it’s raining, spray waterproof spray 30 minutes before you go out. If your shoes get wet in a sudden rain, dry them in a shade for a while and put drying agents inside the shoes and let them rest.

感想

今回難しいなと思ったのは「複数で1セット」のものの表現です。
本文の中では1セットで表す部分と、片足ずつ作業する工程での部分との表現を分けなければいけないというところで引っかかりました。
日本語だったらすべて「靴」で通りますからね…

また、単に単数複数の問題でなく、普段何気なく使っている言葉が「概念」を指しているのか「実体」を指しているのか(化学でいうところの元素と単体みたいな…)、かなりあいまいな状態で使っているのだなと気づきました。
そういえばHelloTalkで英語圏のフォロワーさんがそのあたりで混乱すると漏らしていたことがあります。その時も、今回訳していても感じましたが、英語は可算・不可算などでそのあたりをはっきり表現する言語なのかもしれないなと。だとするとお互いにその部分が壁になるのもうなずけます。

 

「複数で1セット」の具体例をFriendsで

 

ところで複数で一セットの具体的な使い方は海外ドラマのFriendsの会話に出てきたことがあります。
それがシーズン1のエピソード19。↓の動画の冒頭に出てきます。

Rachel: …I don’t know! We were watching TV, and then he pooped in Monica’s shoe
Monica: Wait! He pooped in my shoe? Which one!?
Rachel: I don’t know..The left one!
Monica: …Which ones!
Rachel: Oh…Oh, those little clunky Amish things you think go with everything.

レイチェル:わからないわよ!いっしょにテレビを見てて、そしたらマルセルがモニカの靴にうんちしちゃって…
モニカ:待って!私の靴にうんちしたって!?どれ!?(どの靴?という意味)
レイチェル:知らない…左足のほう!
モニカ:…どの靴のこと
レイチェル:ああ…あの小ぶりなアーミッシュの、あなたがどんな格好にも合うって思ってるやつ…

=========

Phoebe: Whoah, why is the air in here so negative?
Chandler: Rachel lost Marcel.
Phoebe: Oh no, how?
Monica: He- he pooped in my shoe
Phoebe: Which one?
Monica: Those cute little black ones I wear all the time.
Phoebe: No, which one? The right or left? ‘Cause the left one is lucky…

フィービー:わあ、なんでこんなに空気が重いの?
チャンドラー:レイチェルがマルセルをなくしちゃったんだよ。
フィービー:うそ、なんで?
モニカ:あの猿…私の靴にうんちしたのよ!!
フィービー:どっち?
モニカ:あの可愛い小ぶりな黒い靴!いつも私が履いてるやつ!
フィービー:違うわよ、どっちのこと?右と左。だって左は幸運な方だから…

=========

黒髪の女性がモニカ、ミニスカートの金髪の女性がレイチェルで、あとからやってきた金髪女性がフィービーです。
このシーンはモニカの兄・ロスが飼っているおさるのマルセルを、一時的に預かっていたレイチェルが脱走させてしまい、友人みんなで慌てているシーンです。
何が起きたか整理しながら「マルセルがモニカのお気に入りの靴にうんちしていた」という爆弾発言をするレイチェル。そこでの会話で単数・複数の違いで意味が変わり、勘ちがいを生んでしまうことを端的に表したシーンです。
今回の訳の時に「お気に入りの一足」を「your favorite ones」とすることだけは迷わなかったのですが、それはこのシーンのおかげです。笑
Friendsはおすすめなのでぜひ見てみてくださいね~。

翌週の訳例

訳例全文

Many people may think that leather pumps and other such footwear are consumables. However, if you carefully look after them, your favorite pairs can be kept for a long time.
First, use a soft horsehair brush to remove the dust from your shoes. Once the surface is clean, put shoe polish about the size of two grains of rice onto a piece of cloth and swiftly spread the polish over a shoe. Second, brush the shoe with a hog bristle brush that has good tension and firmness. If you using a well-worn brush, the shoe will be shined just through this process. For the finishing touch, polish the surface with a piece of cloth until shiny.
Apply disinfectant and deodorant sprays, and place desiccants as shoe trees inside the shoes to keep their shape.
On rainy days, apply a waterproof spray on your shoes 30 minutes before going out in them. If sudden rain gets your shoes wet, air them in the shade for a while then put desiccants in the shoes and let them rest.

感想と反省

pairsや!!🙈

うううん確かにpairsのほうがちゃんとしてる。新聞記事なんだもんそりゃそうだ。
onesは砕けすぎなのかもですね。(でも便利なのでほんとにFriendsはおすすめですw)

講評によると生活面に載るようなこういう記事はHow to 記事と言うそうです。
前々からうすうすと感じていたことですが、記事のジャンルによって慣習的な書き方があるようで、講評を読む限り今回はそれがよく出る記事だったのだなあと思いました。
確かに日本の新聞を読んでいてもセクションごとに使われる言葉が違いますもんね。そういうのも気にしなきゃいけないんだなあと改めて難しさと面白さを感じました。

 

また、訳していたときに悩んだことで、なぜかここにも提出した際の感想にも書かなかったことなのですが、名詞と動詞が重なってしまう表現をどうするかについても書かれていました。
私が提出したものも「spray deodorant spray」になってます。正直気持ち悪いなあと思いつつ、useやapplyを使うという選択肢が浮かびませんでした…。そうだuseでもよかったのだ…。
「馬から落馬」という見出しで取り上げられていましたが、ほんとそういうモヤッとする感じがありますね。

 

課題をこなすのに必死で記事ごとの特徴を意識しながら当日の新聞を読むという作業を怠っていたので改めて向き合いたいなと思います。
それともうひとつ、今回は講評を読みながら、「悩んだことはほかにもたくさんあるのに、なんでここだけとりわけ重要に考えてしまったんだろう?」って思っています。shoeの部分。
人は過去の情報でしか物を見ないといいますが、もろに自分のことだなあと。他のことにも悩んだのに悩みだと認識してないっていうね…怖いなあ、それじゃ先に繋がらない。
そういう学びもありましたw
今週も頑張ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました