マヌカハニーの費用対効果と失敗しない買い方を語ってみる

健康
スポンサーリンク

我が家では3年ほど前からマヌカハニーを常備しています。
ニュージーランド土産でいただいてからのお付き合いなのですが、ちょっとした風邪や腹痛時の応急処置や普段の体調維持に役立ってくれてとても重宝しています。
ただ、「種類の多さ」や「値段の高さ」、「偽物の多さ」もあり選ぶ際は今でも難しさを感じます。

ということで今回は「費用対効果」「購入時の失敗を回避するポイント」「保存&使用方法」の3つの切り口でマヌカハニーとの付き合い方をまとめてみました。

全製品分析書付き!マヌカハニー専門店BeeMe公式サイトをチェック

スポンサーリンク

からだに優しいマヌカハニーと上手に付き合う3つのポイント

冒頭でも触れたとおり
• 費用対効果
• 購入時の失敗を回避するポイント
• 保存&使用方法

の3本立てでお送りします。

マヌカハニーの値段と効果。費用対効果を最大限にするには…

マヌカハニーの効果・効能

最も特徴的な効果は「殺菌作用」
マヌカハニーに多く含まれるメチルグリオキサールという物質が高い抗・殺菌作用をもたらします。
その効果は普通のはちみつに含まれる殺菌作用の倍以上ともいわれています。
副次的に以下の作用が挙げられます。

・風邪の予防
・炎症の鎮静化
・胃腸の不快感の低減
・口内環境の向上
・ピロリ菌抑制

などなど…。
これ以外にもたくさんの効果が確認されています。

個人的な経験としては

・腹痛を治めてくれた(家族全員経験済み)
・声が出なくなるほどの喉の炎症を3日で治めてくれた
・風邪をひきにくくなった 


特に2つ目は結構衝撃的な体験で、あまりの痛みに完治までに2週間は覚悟したほどなのですが、痛みがなくなるまでに3日、声が元に戻るまでにさらに3日というまさかの一週間弱で治めてくれました。
ちなみにこの時食べたマヌカハニーは後述するグレード表記のないものです。(その代わり一日に大さじ2と大量になめました…もったいないw) 偽物が多いことから、自分で買うようになってからは必ずグレード表記のあるものを購入しています

UMF/MGO/MGSと数値の関係

本物のマヌカハニーには効能を表すグレード表記がされていることが多いです。
基準となるのはどれも「殺菌効果を数値化したもの」ですが、設定が異なる規格が多く購入の際最も混乱する部分でもあります。
今回は購入の際に目安にできる公認規格を3つご紹介します。

UMFについて

UMFはユニークマヌカファクターの頭文字をとったもので、まだマヌカハニーの殺菌物質がわかっていなかったころから使われている規格です。
UMFの数値は「フェノール溶液の殺菌効果との比較」をあららわします。
数値が高ければ高いほど高い殺菌効果を表します。

UMFはほかにDHAとレプトスペリン(含有量によって純度の高さを見極める物質)の測定も行っており、品質保証としても信頼のおける規格になっています。
最低グレードである5+でも全体としては貴重な部類に入り、UMFを冠したマヌカハニーは本物の中でも特に高品質のものになります。

MGOについて

MGOはここ十数年でメジャーになった規格です。
これはそのまま、マヌカハニーの殺菌成分である【メチルグリオキサール】のことを表しています。
MGO以外にもMETHYLGLYOXALとあればこの成分が入っていることを示します。



MGOの数値は【1kg中に(数値)㎎のメチルグリオキサールが含まれている】と言うことを表します。
例えば【MGO300+】であれば【マヌカハニー1㎏あたり300㎎のメチルグリオキサール含有量】を表します。

単にメチルグリオキサールの含有量だけを評価したものになりますが、これ自身がマヌカハニーを特徴づける成分であるため、こちらも信頼できる公式規格になっています。

また、 MGOの数値は↓は30+から上は1100+あります。
UMFに満たない基準のものでも本物である保証になるので、気軽に試したい方はMGO付きのものを目安にされるといいかと思います。

以下がUMFとMGOの比較表です。

(@comvita)

MGSについて

あまり多くは見かけませんがこれも信頼のおける公式規格になっています。
数値の表記方法はUMFと同じです。
ただMGSではレプトスペリンを評価しないため純度がわからないというのがUMFとの違いになってきます。
またMGOと同様の形でメチルグリオキサール量の評価がされており、UMFとMGOの間を取ったような規格といえます
独立機関での厳密なテストが行われるため、こちらも安心して手にすることができます。

マヌカハニーの購入で失敗しないために

マヌカハニーは高いはちみつなので、初めて購入する際はすこしためらってしまうかもしれません。
マヌカハニー購入時にありがちな悩みとしては
・本物かどうかわからない
・規格の有効性が不明

など。
また、【 お得感を求めて失敗する】というパターンもあるかと思います。汗
ここではお得に、でも失敗なく買うための自分なりの3つのポイントをご紹介します。

マヌカハニーは偽物が多いので…

マヌカハニーは偽物が多いはちみつとして有名です。
なのでまず一つ目のポイントとしては「あまり安物に飛びつかない」です。
マヌカハニーは高いものです。 でもそれだけ効果もあります。
ある程度の値段はこんなものと割り切っておくしかありません。

個人的には不調が減ったことで他でかかる費用(病院代や薬代など)も減っているので、見かけは高いけど実際にはとんとんかなと思っております。

マヌカハニーは高いもの。安かろう悪かろうはほんとに損する可能性あり…

まずは数値よりも規格を要チェック&分析表のこと

マヌカハニーのグレード基準は上に取り上げた3つが多いですが、独自の規格を設けている企業も散見され、公式規格との対応が不明瞭な製品もあります。
ということで、一番流通が多くわかりやすいUMFかMGO表記のあるものを購入するのが間違いなく安全です。
また、分析表を付けてくれるお店orウェブ上で確認できるサービスを行っている製品を購入するのがベストです。

「ナントカ15+」と書かれているのを「UMF15+」と勘違いして購入してしまうというパターンがあります…というか経験しました。爆
これが激安なら気づくのですが、セール品ほどの中途半端な安さだったため気づかなかったのです。
結局内容がUMF基準に全く達していなかったためこれは大損です・・・・
実際こういった例が後を絶たず、是正勧告が出た企業もあるくらいなので購入する側としても十分注意したいところです。

特に慣れていないうちはUMF、MGO表記のあるものをチェックしましょう。 かならずこの文字かロゴマークがあります。 ないものは違いますのでご注意ください。

UMF/MGO/MGSのロゴ表記、または分析表の有無を必ずチェック!

量にも注意

マヌカハニーは主に「250g」「500g」で売られていることが多いです。
安い!と思ってよくみたら250gと言うこともあるのでこちらも要注意です。
250gは結構少ないので、ご家族2人以上の場合は500gを購入することをお勧めします。 ちなみに500gを毎日小さじ1杯を家族2人で消費すると大体1か月半から2か月ぐらいもちます。

購入の際はサイズを見落とさないように!

全製品分析書付き!マヌカハニー専門店BeeMe公式サイトをチェック

マヌカハニーの保存方法とおいしい食べ方

マヌカハニーは腐らず固まらず手間いらず

マヌカハニーは常温保存でOKですが、食器棚等の冷暗スペースにおいておくと◎
直射日光と湿気は避けましょう。
保存容器は購入時ままでOK どうしても入れ替えたい場合は遮光容器にしましょう。

腐らない理由としては「メチルグリオキサールの高い殺菌効果」「内部の水分が極めて少ない」ことが挙げられます。 マヌカハニーそのものがカビや細菌などが繁殖しにくい環境なのですね。
また糖度が高いため粘度が保たれ固まりません。

マヌカハニーはこんな味

質感はキャラメルですが、味は野性味あるややワイルドな甘さです。
と言っても伝わりにくいですね。汗
普通のはちみつに比べると結構癖があり、青っぽく(植物っぽく)すっきりしています。 激甘なのですが変に後を引かないスッキリさがありますね。
はじめのうちは慣れないかもしれませんが、慣れてくると 普通のはちみつが物足りなくなるほど濃厚でおいしいです。

おいしい&効果を感じる食べ方

実はマヌカハニーは血糖値上昇がゆるやかな低~中GI食品です。
食事に取り入れることで血糖値の上昇抑制を期待できます。
一日に取る量としてはティースプーン1、2杯ほどでOK
トーストやヨーグルトにかけてもよし、熱に強いので温かい飲み物と一緒に飲んでもよし、普通のはちみつと同じように楽しめます。

おすすめのマヌカハニーブランド&専門店

マヌカハニーはたくさんのブランドがあります。
基準を満たせば効果はほぼ同じですが「ブランドによって若干味が異なる」のが楽しいところ。 お気に入りのマヌカハニーをぜひ見つけてください♪

よく買うブランド

以下のブランドはUMFHA(UMF規格に参加している企業連合)に登録があり、なおかつ日本でも手に入れやすいマヌカハニーです。
・Manuka Health ・Egmont Honey ・Convita ・Manuka Doctor
ほかにも様々なブランドがありますが、よく見かけるのはこの4社ですね。   

国内のマヌカハニー通販専門店を利用する

さて購入時は通販専門店を利用するのが便利です。
輸入物を販売している店舗でも取り扱いがありますが、希望のグレードが見つからなかったり、マヌカハニーに詳しい店員さんがいなかったりすることも考えられます。
通販で怖いのは品質ですが、今回はきっちり分析表を付けてくれる国内の専門店をご紹介します。

BeeMe
BeeMe

主にニュージーランドの「エグモントハニー社」のマヌカハニーを販売しており、1000円以上であれば送料無料(実質ほぼ送料無料)で利用しやすいです。
また、初回限定で最大25%OFF価格で購入できるのも◎
製品ごとのグレード基準をわかりやすくまとめてあったり、すべての製品に品質分析書を付けてくれるので安全で安心な製品をお得に購入でき、はじめての方には特におすすめです。
マヌカハニーに関する知識がわかりやすくまとまっているサイトも必見です◎

TCNストロングマヌカハニー

こちらは社名よりも商品名のほうがなじみがあるかもしれません。
販売だけでなくニュージーランド現地での生産管理もしており、生産から販売まで一貫して管理している日本企業になります。
生産はその道40年のベテラン養蜂家辻重さん直接指導のもと、小規模農家で採集されたものを製品にしており、厳しい基準をクリアしたものだけが製品になるという徹底した品質管理を行っています。
取り扱いのあるグレードはMGO220、550、860、1100という高~最高品質の商品だけ。 特にMGO860、1100といった数値のものは一般ではあまり見かけないので、安全に入手できる貴重なルートです。

まとめ

ということで長くなってしまいましたが、マヌカハニーの購入までのポイントでした。
再度になりますが購入の際は

安物に飛びつかない!
規格をチェック!
量をチェック!

の3点だけ気を付けていただければと思います(*´ω`)
参考にしていただけましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました