海外ドラマで英語を学ぶ!結果に近づく見方を詳しく

語学
スポンサーリンク

前回この記事で海外ドラマで英語を学ぶときのおすすめの見方をご紹介したのですが、今回はその補足を書いてみたいと思います。

この記事は主に

【英語を身に付けたいけどきっちりお勉強するのが苦手】
【できるだけお金をかけず自然な英語を身に付けたい】


と言う方に向けて書いています。
(高3受験生の方にはリスキーな方法かもしれないのでご注意ください。理由は後述します)

スポンサーリンク

海外ドラマで英語力をまるっと鍛える具体的な方法とは?

まず大前提として次のことを押さえていただければと思います。

・この方法は高校生までに学校で学ぶ従来の勉強法とは異なります
・きっちりお勉強がない代わりに英語モードを作るという作業が入ります
・ストーリーを理解するのは後回しです(楽しめるようになるまでにラグがあります)

学習と言うことで多少の苦痛は避けられませんが、従来型のお勉強スタイルが苦手な方にはぜひとも試していただきたいです。

基本の3ポイントをより詳しく解説

ここでいう基本の3ポイントとは
・超リラックスする
・集中してみる時間を取る
・日本語字幕を一切出さない です。

詳しい方法について順を追ってご紹介します。

どうやってリラックスするのか

リラックスは学習のかなめなのですが、上手に身体の力を抜くというのは結構難しいです。
私のおすすめとしては一つでいいから呼吸法を身に付けること
腹式呼吸が無難でいいと思います。

私の個人的なやり方だと 【お腹を緩めながら鼻から4秒吸う】【2秒息止める】【お腹を締めながら8~12秒で息を吐ききる】です。
結構しんどいですが慣れるとかなり体が楽に楽になります。
緊張しているときもこれで落ち着きを取り戻せます。

ちなみにガチで知りたい方はこの本がおすすめ↓


呼吸だけである程度体のコントロールができるようヨガ行者の呼吸法がシステマティックに説明されています。
かなり奥が深い世界ですが、意識の持っていき方だけでもためになります。
(英語の記事で呼吸法の本紹介するのもなんかあれですがw)

集中して観るとは

まずできるだけ誰にも邪魔されない時間を取ってください。
その上で問題は散漫になりがちな自分の脳内です(汗)
身体のリラックスができていれば自然と何かに集中する状態が出来上がっていると思うのですが、うまくいかない場合のポイントをば。

【初めの5分ほど自分の呼吸音に集中する】 を試してください。

空気が鼻を通る感覚や音、体の動きだけに集中します。
5分ぐらいやると落ち着くのでそのままドラマを見始めます。
呼吸以外だと何かしら音に集中するのがやりやすくていいと思います。

日本語字幕を見ないで何をする?

さてやっと本題です…すいません長くて。
日本語字幕を出さないのは【英語モードを作る】の根幹にあたります。
日本語を出してはそれができない理由は2つあります。 これについては前回の記事でまとめてあるのでここでは割愛させて頂きます。

その1・知っている単語をひとつ捕まえる

具体的な方法としては

【知っている単語を一つ捕まえて連想ゲームをする】

です。

何でもいいですがここではappleとします。
もしappleという単語が聞こえたらまずあの姿を思い浮かべてください。
【赤い】【つるっとしてる】【丸い】【重い】【果物】【甘いにおいがする】【酸っぱい】などなど、 このイメージの感覚をしっかり思い浮かべてで連想ゲームをします。

本来はこの連想ゲームもすべて英単語で、 【red】【shine(shiny)】【round】【heavy】【fruit】【sweet】【sour】などです。
ここからさらにそれぞれのカテゴリーに関連する単語を連想していきます。


すでに知っていてイメージがわく単語だけで大丈夫です。 わからなかったら飛ばしてください。
日本語で思い浮かべて辞書で調べるというのは徹底して割けます(イライラすると思いますが…)

/yummy~~~~!\(かぶれてください徹底的にw)

ちなみにこの間ドラマはほったらかしです!!(笑)
この時の流し聞きは無意識にとっていい影響だそうなので、ストーリーは諦めて連想ゲームにいそしみましょう。(そのうちすぐ追いつけるようになります)

集中する時間が必要と言うのはここにあります。
家族に「何見てんの~?」「字幕消しちゃって~ほんとにわかってるの~?」なんてちゃちゃ入れられるとしんどくなっちゃいますから…( ´艸`)

その2・次の音を予測する
/音に集中ですっ\

これはある程度単語が粒だって聞こえるようになってから、結構慣れてからの練習です。 でもはじめから意識しておくとそのうち急にできるようになります。

文型ってありますよね。 SVOCみたいな、主語の次は動詞が来て、その次は目的語や補語が来て~という文章の中の単語の分類の順序です。
それからもわかるように、次に来る単語の分類はすでに決まっていて、日常会話であれば単語レベルである程度絞れます

海外ドラマを見ながらこの次に来る単語の音を予測する練習をします。
意味ではなく音です。(分かれば意味でよいのですが)
そのうち単語の自然な並びを音で認識できるようになってきます。

リスニング力を鍛えるだけでなく文法構造も自然にわかってきますし、シャドーイング(会話のセリフをちょっと遅れて真似して発音すること)をすると発音の練習にもなります。

上記3ポイントの補足事項

単語はどうやって増やすの?

「 知っている単語だけで展開してたらどうやって新しい単語を覚えるの?」と言うのは当然の疑問だと思います。
こんな時は【シソーラス】を使います。
シソーラスとは類義語や関連語をまとめたものです。
大事なのはアメリカの高校生たちがスタンダードで使っている英語版シソーラスを使うこと。
無料アプリやシソーラスサイトがあるので活用すると安上がりです◎
【Merriam-Webster】【American Heritage(シソーラスは有料)】がおすすめ。
Thesaurus.comというサイトもあります。

先ほどappleで特徴をピックアップしましたが、この特徴を持つ別の単語を見つけることができます。
知っている単語の関連からスタートするのですでに特徴はある程度捉えていること、また海外ドラマを見聞きしつつの作業であれば、割と自然にイメージがつかめる単語が見つかると思います。

ターゲットみたいな単語帳で何個覚えると決めるほうが楽そうに感じるかもしれませんが、芋づる式で覚えられるうえにイメージが出来上がってくるのでなっかなか忘れません。
おすすめです。

なぜ高3受験生にはリスキーなのか?

それは英語と言う教科が【英語と日本語の辞書的意味の対応でとらえさせる】という内容だからです。 (現状10年前とどれくらい変わったのか把握していませんが、ざっと見る限りそんなに大きく変わってないのではないでしょうか…)

今回紹介した方法はむしろ母国語を覚えた時の動作のアレンジ。
すでにある経験のイメージを積極的に利用する分7年~という長い学習期間は短縮できますが、イメージでしっかり理解していても、それに対応する日本語を見つけてくるのはまた別の作業になります。

どちらかを習得していない段階ではどちらも中途半端になり時間もかかりかねません。
私はどちらを選んでも覚えられたらそれでいいと思いますが、やるならどっちかがいいと思います。
なので余裕がある学生さんや、英語は必要だけどさほど慌てていない社会人の方にお勧めしたい方法になります。

まずは気軽に始めましょう♪

私が「海外ドラマで英語を勉強できるのでは?」と思い立ったのは、初めて見た海外ドラマ「プリズンブレイク」にハマっていたときで、初めから英語学習目的で見ていたわけではありませんでした。
(ちなみにプリズンブレイクは最初はあんまりお勧めしません、会話コソコソしてるし聞こえにくいw)
その後日常会話向きの作品を探したり、いろいろな工夫をして今に至りますが、ここまで苦労したというより楽しかった!という気持ちが強いです(まだまだですが)
もちろんこの方法でもしんどいことや面倒はありますが、聞き取れるようになったり口をついて言葉が出るようになったときの感動はひとしお。
次のステップ(文章力や専門的な内容など)への大きな足掛かりになってくれると思います。
今はいろんなメディアで海外ドラマに触れられるので、まずは気軽に始めてみませんか?♪


ちなみに海外ドラマを探すならVODサブスク、がっつり見るならDVD/BDがおすすめです。
いろいろなVODがありますが、すごく気軽に始められるのがAmazonプライムビデオ。
超人気作品からオリジナル作品まで押さえているのでこれだけでも大丈夫かも。

もう一つはU-NEXT。
ここをお勧めするのは人気作品はもちろんのこと、海外系の大手サブスクにない意外な作品の配信があったりすること。

これで行こうという作品がある場合は字幕のコントロールがしやすいDVD/BDを利用するのが◎
近くのレンタルショップにない場合は宅配サービスもあります(返却期限長くていい!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました