日本からアメリカのVODは見れる?登録してみてわかったこと

未分類
スポンサーリンク

こんにちは♪
近年どんどんメジャーになってきているVODサブスクですが、海外ドラマに関しては本国と日本で配信されているタイトルやシーズンが違うのをご存知でしょうか?
ネトフリ、hulu、Amazonプライムビデオといろいろありますが、どれも大体本国の8割程度の作品が配信されているようです。


十分ではと思いつつ、海外帰りで見ていたドラマが見られなくなった方や、日本配信分を見終わって最新シーズン輸入待ちという居ても立っても居られない方もいますよね。 私も残り2割が気になって【アメリカのVODって日本から見れるのか実験】を決行してみました!笑
結果、できたりできなかったりだったので、その顛末を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカのVODは日本から見れるのか!?実験を決行したよ

まず結論から申し上げて、成功したのは【Netflix】と【Amazon Prime Video】です。 【hulu】はダメでした(※できるかもしれない条件は後述)

アメリカのVODサブスクを利用するまでには3つほど壁があります。

①ロケーションブロックの解除
➁VOD登録時のpostal code
➂クレジットまたはデビット、ペイパルについて

です。順を追って説明していきたいと思います。

アメリカのVOD登録までの3つの壁

①ロケーションブロックの解除→VPNを利用

日本から普通にアメリカ版のNetflixやhuluにアクセスしようとすると、日本版に飛ばされるか「あなたのいる地域からは見れないよ」という忠告文が表示されます。
これがロケーションブロック。
これを解除するためにVPNというサービスを使います。

VPNは超ざっくりいうと仮想のアクセスポイントを設定してインターネットに接続するもので、自分の実際のアクセスポイントを隠す役割をします。
本来はセキュリティの甘いフリーWiFiを利用するときなどに用いて閲覧時のセキュリティを確保したりするものです。
セキュリティソフトのオマケでついてたりもしますね。

VPNは会社にもよりますが世界各国多数のアクセスポイントを備えており、ユーザーは任意のポイントを選択することができます。
つまり、選択できるならば【日本にいながらアメリカからのアクセスを装える】ということです。(ちょっと聞こえが悪いですが)

実際完全にホワイトというわけではないようで、各VODはVPN対策を講じており徐々に見れなくなっているのが実情のようですがまだ使えるVPNも存在します。
その一つが【Express VPN】。 こちらは宣伝文句で日本からアメリカのNetflix見れるよ!!と豪語しているくらい(いいのかw)


実際使ってみましたが、私が普段フリーWifi利用時に使ってるカスペルスキーVPNに比べるとべらぼうに読み込み速くてストレスフリーでした。
北米のアクセスポイントで向こうの映像がカクツキなくみれるとはさすがに思わなんだ。
なんならカスペルさん繋がらないこともあるよ…
登録解約も簡単なので、ロケーションブロック解除はこれで十分です。


>>ExpressVPNを使ってみたよ。登録から利用・解約まであれこれ (準備中)

VOD登録時のpostal codeについて

実は最大の難所はVOD登録なんです。
VPNの甘い言葉に騙されてホイホイ登録するとえらい面倒に巻き込まれます…

まずは登録時のpostal code。
これは日本でいう郵便番号的なものですが、当然日本の郵便番号は使えません。

海外に住所をお持ちの方や、支払い方法として海外の住所に紐ついたクレジットカードなどをお持ちの方はそのpostal codeを使うといいと思います。

じゃあがちがちの日本在住はどうするかっていうと【実在するアメリカのpostal codeを登録してしまう】という荒業があります。

できちゃうだけで「え、いいの?」というのが正直な感想ですね・・・
そもそもpostal codeを求める理由は多分課税の違いがあるのかなと思います。
この手の記事を書いているアメリカの方のブログでも「非課税地域のpostal codeを使えばいいよ♪」なんて書いてますがほんとかよとw
できはするけどグレーゾーンなので、自己責任でお願いします。

支払方法について

さて登録最後の難所、支払い方法です。
こちらも基本は「アメリカで発行されたクレジットカード・デビットカード」や「アメリカの住所に紐ついているPaypal」でなければいけません。
海外帰りでお持ちの方はそのままGO!

で、日本在住者はどうなるかと言いますと…
今回日本で発行されたデビットカードを使って試してみました。
まずhuluはここでアウトです(postal codeはいけた…)。
つまりhuluがOKになる条件はアメリカのクレカ・デビット・Paypalであること、ですね。

そしてNetflixとAmazon Prime Videoは今のところOKということで、登録までこぎつけることができました。
でもこの先どうなるかはわかりません。


>>それでもやってみたい方向けの アメリカのVOD登録手順(準備中)

アメリカのVODを試すリスクから見る結論

さて今回アメリカのサブスクサービスに登録してみて感じた感想を一言・・・

「ここまでする必要があるのだろうか・・・?(疲)」 です。
なんかもう登録の手間でクライマックスで、登録してからほぼ触っていません。
無料期間を待たずして多分やめます(爆)

理由としてはまず料金が「VOD月額料金+VPN月額料金」と割高になること。
そしてpostal codeを無理に入れるというなかなかグレーな荒業を使っていること。
しかもこれらがいつ使えなくなるか未知数であること…

ここまでやるなら日本のVODで我慢するか、海外版のDVDを輸入したほうが手っ取り早いです。 (私もちょくちょく買います)
海外版の輸入DVDは安いですしAmazonでも割と普通に売っています。
リージョンフリープレーヤーは必要になりますが、アメリカのVODに費やすお金と心労を考えると大した負担にはならないはず。
参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました