英語の勉強方法について考える日・目的のこと

語学
スポンサーリンク

こんにちは、umeです。

昨日も「しっかり英語の勉強していくぜ!!」と意気込んでいたのチャリンコがパンクしやがりましてね…。
ドケチ星人としては自分でやるしかない!!ということでパンク修理してたら疲れ果てて久々のノー勉デーになってしまいました…(馬鹿とはこのこと)
こういうのが貧乏のもとなのかもしれませんが楽しかったです。
20年モノのチャリンコなんですがそのうち塗り替えたりしたいなとか思ってます。

スポンサーリンク

英語の勉強について考える日・準備編

単語帳よりも参考書よりも大事なことってなんだろう

勉強方法っていろいろあると思います。

大きなカテゴリーとしての勉強方法自体もですし、例えば単語帳ひとつとっても活用次第でいろいろな役割を演じてくれます。

…正直、どのスクールもサービスも参考書も単語帳も全部いいんですよね。
だって長くその道でやっている人たちが集まって真剣に考えて作ったものなので、悪いものはないはずです。

いちばん大事なのは続けられるかどうか。



なんのひねりもなくもうほんとこれだけ。
結局自分の問題なんです。



じゃあどうしたら続くのかですけど…

自分の目的体質にあってるかどうか、だけだと思います。

なによりまず目的をはっきりさせること

いろんな方が言ってますが、やっぱり「逆算式」がベストかなと思います。

私がいままで勉強してて失敗したなあと思うのも他でもなく、「意外と目的がぼんやりしていたこと」です。

英語に関わらず、学校で学ぶ教科は大概どれもそうですが「自分で自分のゴールを決める」っていうことを忘れがちです。

「英語の勉強しなきゃ!」とは思うものの「具体的に“こう”なりたい」みたいなイメージは結構ぼんやりしていませんか?

なかなか自分では気づかない部分なのですが、それをはっきりさせるとすごくやりやすくなります。



例えば「資格or入試の英語でいい点取りたい!」とか「海外の大学に留学して、友達めっちゃ作って、優秀な成績を収めたい!」とか「世界で活躍する研究者になりたいから英語の論文は読みも書きも完璧になる!」とか「外資系で本社or海外支社でバリバリ仕事したい!」などなど…



どこを目指してるかによって4技能中のどれを優先的にやっていくべきなのかも変わってきます。

同じ参考書でもどこを見たらいいか変わってくるし

目で見て覚えるだけでいいのか、それとも声に出したり手を動かして書いたりしながら覚えたほうがいいのかなんかもすべて変わってきます。

後は自分の体質に合った方法をとるだけですが、目的がわかるとなにすればいいかは案外すんなりわかってくる気がします

テクニックについてはむしろ、特に英語の勉強に関しては選び放題な世の中なので。

何よりね、目的があると勉強が楽しいんですよ。これはほんと。
苦しみはあるけど、嫌々やってるときとは全然質が違います。

なので目的!!大事!!
ちなみに目的は自然発生的なのでなく、自分でも笑っちゃうようなのでもいいんですよ。
とにかく設定することが肝心です。

ちなみに私の目的はごあいさつにも書きましたが、今大学を目指しているので「大学受験で満点取れるくらい、ついでに合格したら留学枠に入って留学できるぐらいの英語力を身に付ける」です。
かたくなに拒んできた単語帳復帰もここからきてます。笑

目的を意識してお互いに勉強頑張りましょうね~~!




さて今日はここまでです。
読んでいただきありがとうございました。
明日は何を書こうかなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました