噂の(?)Duolingo English Testについて調べてみた

語学試験
スポンサーリンク

こんにちは、umeです。

次に受ける英語のテストをどうしようかと考えていたのですが、昨日あれこれ見た結果「Duolingo English Test」がなかなかよさそうだという印象がのこりました。

Duolingoは英語学習ウェブサイト/アプリですね。最近よくストアなんかでも見かけていましたがまさかTOEFLやIELTSに匹敵する(?)効力を持つテストだとは知りませんでした😲

名だたる海外大学の英語力証明にも使えるほど信頼のおけるテストで、かつTOEIC程度の値段なんて気になりすぎる…!

ということで、今日はDuolingo English Testについて調べてみました。

スポンサーリンク

Duolingo English Testを調べてみたよ

Duolingo English Testとは?

英語学習ウェブサイト/アプリでおなじみのDuolingoが運営する英語力テスト。

すべてオンラインで完結し、安定したネット環境さえあればいつでもどこでも受験可能。

試験時間は1時間で、テストの結果は48時間以内に返却されるという爆速テストです。

受験料は$49とTOEICほどのお値段(もしやTOEICより安い?)

にもかかわらずイェールやハーバード、スタンフォード、カリフォルニア大学各校など名だたる大学を含む3000を超える教育機関の英語力証明に採用されているという信頼性も持ち合わせた画期的なテストです。

受験に必要なもの

  • 身分証明書(運転免許証・パスポートなど写真付きの公的な身分証明書)
  • 明るく静かなテスト環境
  • コンピューター(要カメラ・マイク・スピーカー)
  • 安定したネット接続←ここ大事

DuoLingo English Testのメリット

  • テスト結果の信頼性
  • リーズナブルな受験料
  • 試験時間の短さ
  • 結果の返却の早さ

TOEICでも2時間、IELTSなどは3時間、中には半日かかるようなテストもあるといいますから、わずか60分でIELTSやTOEFLに匹敵するスコアを得られるというのはびっくりです。

公式サイトにはテストの有効性について

『私たちは、言語力評価、心理統計学、AI、機械学習の最新の研究に支えられた革新的なツールと技術で、新しい形のハイステークステストを常に追求しています。』

と書かれています。

裏付けとなる論文や開発部の研究者なども紹介されており、まさに最先端の知識と技術を集めて作ったテスト!と言えそうです。

Duolingo English Testのデメリット

  • ネット環境の安定が絶対(無効テストが起こりうる)
  • 新しいテストなので対策がしづらい

いつでもどこでもというのは便利で気楽に聞こえますが、試験の環境を全部自分で整えなくてはいけないということですよね。

不備があると無効テストということにもなるので、念入りに準備をする必要がありそうです。

「1時間で受けられるし、結果はあさって帰ってくるし、いっちょ軽く受けたるかーい😄😄😄」

みたいなノリではやめといたほうがよさそう…。笑

ネット接続の安定性はもとより、別の不備も考えられます。
Duolingoはカメラを使って受験者のカンニング等をチェックしているのですが、これが結構厳しいようです。

ネットで見つけた経験談によるとインカメラありのPCがベスト。
外付けでもできれば真正面で目線が画面から外れすぎないような位置に設置したほうがよさそうとのこと。
家で受験するにしても、周りの空間もできるだけ学校や試験会場のような環境に近づけたほうがよさそうですね。

Duolingo English Testの内容と対策は?

Duolingo English Testはアメリカ英語で、1時間でリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4技能を測定します。(すごい)

出題方法はTOEICなどのようにカテゴリー別に分かれておらず、それぞれがランダムに出題されるというような形をとっているようです。

  • リーディング:虫食い問題形式で単語力や文法力
  • ライティング:写真説明や質問に対する自分の考えを端的に英文にする力
  • スピーキング:発音チェックや質問に対する答えを述べるスピーキング力
  • リスニング :聞き取り&書き起こし問題で細部まで聞き取る力


それぞれこのような問題&能力が求められるようです。
これがランダムに出るというのは…
受験すること自体のカジュアルさに反して結構シビアな力が求められそうです…。



対策としては公式のアカウントページで無料の練習テスト(15分間)が何度でも受けられます。これはありがたい。
ちなみに無料で作成できるアカウントのホームは↓のような感じ。


試験自体の対策についてはこの無料テストを活用しない手はありませんが、対策本や塾などでの対策講座がない分、基礎的なところに関しては個々人でそれぞれやるしかないのが現状のようです。
IELTSやTOEFLの単語帳など使ってもいいかもですね。

DuoLingo English Testについてまとめ
  • オンライン完結型でどこでも受験可能
  • アカウント作成と練習テストは無料
  • 受験料は$49で追加料金なし
  • 試験時間60分
  • スコアの返却は48時間以内
  • アメリカ英語
  • 3000を超える教育機関の英語証明として利用可
  • 安定したネット環境及び試験の環境づくりが重要





ということで、DuoLingo English Testについて調べてみました。
夏ごろに一回受けようかなと思っています。
今すぐ受けない理由は別のテストが迫っているからです…!(あと金欠!!)笑
少なくともTOEICの試験結果が出て以降かな~と思っています。
環境づくりもきっちりしたほうが良さそうなので、焦らず準備しようと思います~。

ではではまた~。

DuoLingo English Test公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました