ついに再集結!メガヒットコメディ「FRIENDS(フレンズ)」をお勧めしたい話

海外ドラマ
スポンサーリンク

こんにちはumeです。
1994年から2004年まで放送されていたアメリカのメガヒットシットコム「FRIENDS」。
海外ドラマで英語を学ぼうとしたことがある人も必ず一度は名前を聞いたことのある作品だと思います。
かくいう私も「FRIENDSの会話がある程度理解できて、ジョークで笑えるようになること」を一つの目安にしながら見ていた時期がありました。

長年復活を切望されてきた作品が、今年ついに17年の時を経てあの6人が再集結…!
その名も「FRIENDS:The Reunion(フレンズ:ザ・リユニオン)」
この機会に往年の名作を一から振り返ってみるのもありかも♡
今日は英語学習におすすめな理由にも触れながらFRIENDSの魅力を語ってみたいと思います!

FRIENDS一挙配信&リユニオンはU-NEXTだけ!31日間無料で見る

スポンサーリンク

メガヒットシットコム「FRIENDS」とは

1994年から2004年までアメリカで放送されていたシットコム(コメディ)ドラマ。
ニューヨークの下町のカフェを中心に繰り広げられる、気心の知れた20代の男女6人の友情あり恋あり笑いあり涙ありの成長物語です。


FRIENDSのような作品はほかにもあるけど、キャラクターが『なんとなく身近にいそう』と感じてしまう点ではピカイチかなと。
コメディなので実際には誇張も多々あるものの上手にデフォルメされていて、変な性格のキャラクターも含めて妙に親近感を感じてしまいます。
ニューヨークを舞台に繰り広げられる人間模様がとても面白い作品です。

FRIENDSの主要キャラクター

レイチェル・グリーン

歯科医師・バリーとの結婚が決まっていたが、その未来を悲観し結婚式当日に式場を飛び出して元同級生であるモニカのもとに現れる。
美人で高飛車かつ医師の娘で世間知らずのお嬢様で、モニカたちの元を訪れるまで「結婚以外の将来の展望」を持っていなかった。
両親からの支援を断ち、周りに支えられながらも自立の道を模索していく。
本作品で最も成長する人の一人。

モニカ・ゲラー

シェフ志望の女性。レイチェルの元同級生でロスの妹。
行きつけのコーヒーショップに突然現れたレイチェルに自立を促し、自身のアパートでルームシェアするようになる。
兄のロスとは子供のころから何かと比べられており、特に母との関係があまり良くない。
かなりのきれい好きで妙なこだわりが強い。そして意外にも結婚願望がめちゃくちゃ強い。

フィービー・ブフェ

モニカの元ルームメイト。
ヒッピースタイルのミュージシャンであり、コーヒーショップで弾き語りをしているが客の反応はいまいち。代表曲は「くちゃーいネコ」。
生活のためにマッサージ師として働いている。
スピリチュアルを信じていて変わり者扱いを受けているが、なんだかんだ欠かせない存在。同じく変わり者の祖母がいる。
母の自殺に父の蒸発、さらに育ての父まで自殺という信じられないほどハードな人生を歩んできているが、本人はそれをネタにモニカたちをゆする(?)ほど比較的あっけらかんとしている。

ロス・ゲラー

モニカの兄で古生物学者。コロンビア大学で博士号をとった優秀な人。
高校時代からレイチェルに思いを寄せている。
メンバー1優秀でまともな仕事についている人だが、周囲のキャラの強さかロス自身の性格のせいかなにかと残念な扱いを受けている人。
家族と妹の板挟みになりがちだが、いつもモニカの味方になってくれるやさしい兄。

チャンドラー・ビング

ロスの大学での元ルームメイト。
現在はモニカのお向かいさんで、ジョーイとルームシェアをしている。
ひょうきんもので、ぱっと見何の仕事をしているのかよくわからない人だが、一応データサイエンティスト的な安定した仕事についている。本人は腰掛程度のつもり。
母は官能小説のベストセラー作家、父はドラァグクイーンとなかなかとがった家庭で育っており、家族との関係でいつも悩みを抱えている。
レイチェルとともに本作品で最も成長する人の一人。

ジョーイ・トリビアーニ

俳優志望の青年でチャンドラーの親友。フィービーとも気が合う。
大根役者でなかなか売れず、チャンドラーに乗っかるような生活をしている。
食べることと女の子が大好きで、街中の女の子と寝たことがあるという噂(モニカ談)
イタリア系の大家族出身で妹をとても大事にしている。

FRIENDSが英語学習におすすめな理由

海外ドラマで英語学習と言えばフレンズというほど、本当によく名前が挙がる作品。
コメディなので当然誇張もありますし、会話のスピードが速く結構難しいことからフレンズはお勧めしない!という人も中にはいます。
それでも私としてはフレンズは常におすすめの作品の一つ。

その理由は以下の3つ。

  • メインからモブキャラまで面白い人間関係の絶妙さ
  • 生活空間とアメリカ文化がまんべんなく見れる
  • 会話スピードが速いので耳が鍛えられる

メインからモブキャラまで面白い、人間関係の絶妙さ

まず主人公6人については

モニカとロスが兄妹。
モニカとレイチェル/チャンドラーとジョーイがそれぞれ親友。
変わり者だけど一緒にいると楽しい友達フィービー

家族関係としては

ロスとモニカと両親は兄妹間格差と両親の関係が
レイチェル、チャンドラーと両親の関係は価値観の違いからくる家族間での齟齬が描かれています。

もうこれだけで身の回りでメインになる人間関係の会話は網羅しています


フレンズがすごいのはこの中心人物との関係だけじゃなく、その他の人々との関係もしっかり描かれていること!
モブキャラとのエピソードも濃いんです!(笑)


仲間が集まるコーヒーショップで地域の顔見知りとのつながりや、やややこしい人とのトラブル。
職場で同僚や上司との人間関係だけでなく、通りすがりでうっかり恋に落ちてみたり…。爆
さらに病院や習い事、スポーツ観戦、ちょっとお高いレストランでの店員との会話などなど…
そういう公共の場でのシーンやアメリカの文化的な場面での会話もたくさん出てきます。

生活空間とアメリカ文化がまんべんなく見れる

上に書いたことと重複しますが、とにかくいろんな場面が出てくるのがフレンズの凄いところ。

拠点はコーヒーショップですが、とにかく普段の生活で行きそうなところは大体行っていて、正直英語のテキストよりも場面を網羅してると思います。
しかもシーズン10まであるのでもうほとんど人生です(?)


職場に関してもスポットバイトからお堅い職業まで多岐にわたります。
考え方なんかは世代によっても変わってくると思いますが、感謝祭のような年中行事だったりも取り上げられているので一気に文化にも触れることができます。

いろいろ海外ドラマ見てきましたが、ここまであれこれいろんな場面が見れる作品って私はフレンズ以外には思いつかないです。
フレンズっぽい作品というのはほかにもいろいろありますが、気軽に見れて、なおかつこれだけ場面を網羅していて、こんなに面白い作品っていうのは多分他には…ない。

会話スピードが速いので耳が鍛えられる

“英語学習ならフレンズ、コメディでおもしろい”
とよく言われるので、簡単そうと思う方も多いようですが、フレンズは結構難しいです
当然ですが会話スピードが速く、登場人物が全員大人なので語彙もそこそこ多いです。
実際それで「フレンズは難しいからお勧めしない」という人もいるのですが、私は逆です。

むしろこの難しさが自分を鍛えてくれるし、越えていくべき一つの基準にもなります。



非ネイティブで慣れていないから難しく聞こえるだけで、あくまでも『基本の英会話』。
主人公たちは大人ですが割と子供っぽい話ばかりしており、内容自体は特に専門性が高いわけでもありません。
自分にとってハードルの高いものに触れるとはじめは大変に感じますが、ある時一気に成長します。
字幕を消すと物語を楽しむレベルになるには時間がかかるかもしれませんが、字幕なしでフレンズの会話を理解できるようになったときの喜びはひとしお。
初心者の方にもぜひぜひチャレンジしてほしい作品です。

おまけ:可愛いファッション

フレンズと言えばファッション!(笑)
出てくるお洋服やコーデがすっごいかわいいんですよ!!
流行りって何度も繰り返しますし、今見てもかわいいなあ~って思う服装や髪形で見ててとても楽しいです。
そういったところに注目してみるのもとても楽しいかも♡

リユニオンは…

ちょっとまって、ロスとフィービー(右端の二人)老けてねえ

さてそんな魅力がいっぱい詰まったフレンズなのですが、先日ついに集結。
そしてついに日本にも上陸しました!
HBO作品で、日本ではU-NEXTで独占配信されています♡
シーズン1から見放題での取り扱いもあるのでこの機会にぜひ!
初めての方は31日間無料ですよ◎


毎年毎年のうわさが流れたりファンが動画を作るほど続編を切望された作品ですが、ついに本当に実現したのかあ~という感じです。
長年のファンはもちろんですが、今までフレンズを見たことがないっていう人にもこの機会にぜひフレンズワールドに飛び込んでほしいなあと思います。

FRIENDS一挙配信&リユニオンはU-NEXTだけ!31日間無料で見る

おわりに

フレンズが放送されていたのは90年代から2000年代初頭なので、確かに古い作品です。
LGBTへの認識など、今の時代とは相いれない表現も多々見受けられます。
ですが決して単なる揶揄ではおわらず、その時の風潮に合わせながらも社会問題に向き合って描かれていたんだということが伝わる作品です。
『フレンズはもう時代遅れ!』と断じてしまう声も聴きますが、今の価値観と違うからといって捨て置いてしまうのはもったいない作品だと思います。


社会情勢などはいろいろと変わってきてはいますが、個々の人間関係はそうそう変わらないもの。
今の時代でも十分楽しめる作品ですし、英語の勉強にもなると思うので、ぜひぜひご覧になってほしいなあと思います。

ではでは今日はこの辺で~😘

31日間無料体験 U-NEXTで「フレンズ」を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました